ホーム > 交際クラブ > 20代で遊びすぎてお金がない女性は交際クラブにハマる

20代で遊びすぎてお金がない女性は交際クラブにハマる

東京の交際クラブに登録している淑女に結構、30代の女性がいます。

20代の若い頃はイケイケで遊び廻ってオールナイトで朝まで踊りあかし、その楽しさが頭から抜けずに30代になって交際クラブに登録している人が多いです。

若いころは当然交際相手も若いくて同い年の男性になりますが少しずつ大人の世界の現実を知るようになってきます。

当然プライドもあるので初老のおじさまとは交際などは一切しません。

しかし年が30代に近ずくにつれて少しずつ年上の魅力を理解するようになります。

同い年の彼氏はおこずかいもくれないしただただ毎日家で体を重ねる毎日です。

若い時は愛があれば貧乏も辛くはなかったのですがだんだん肌の老化現象が始まるとどうしてもメンテナンスをしないとどんどん年を取っていくだけなので少しずつ大人の男性の必要性に気付き始めます。

 

結婚もしなくて30代にもなると定職にも付かずにバイトで生活をして、足りない時には交際クラブに通い、男性を紹介してもらい、その日のデート代を要求してくると言う感じです。

男性側もほとんどの人が、肉体的関係を目的として来ていますので、援助交際と言っても過言では無いのです。

店内では相手を紹介するだけであって、交際クラブ側は何も問題ないのです。

その日の交際が決まれば店外デートをして、お互いの金額の交渉などに入るような事が多く、デート代はすべて男性側の負担になります。

肉体関係はお互い納得の上ですので、援助交際であっても他人の知る余地ではありませんので、当人同士の問題になります。

こういった30代の女性がとても多いのが事実です。悪い事をしている自覚も無く、楽しければ良いという感覚だけで生きているとも言えます。

このような30代は実に沢山いますが富裕層の男性が求めるのは20代の前半で若くてピチピチした女性を求めているのです。

この事に早くから気付いた20代女性は30代はとても幸せな人生を送る事が出来ます。

20代で男性を見る目を養い30代で花開く感じです。

これが30代で花開いても遅きに失した感は否めません。

このように早くから交際クラブの熟年男性との交際経験があればあとはとても楽な生活が待ってます。


タグ :