ホーム > メニエール > メニエール病はこんな人に多い

メニエール病はこんな人に多い

発症する人の特性は何事もきっちりとした性格でやせ型に多く、頭や気の使いすぎにより発症しやすくなります。また、アレルギーや血流不全、ウィルスや免疫力の低下、ストレスなども起因しています。

 

巷では20代くらいの女性がストレスでめまいが発症する病気として知られていますが、男盛りの年代や高齢者にも例外なくみられる病気です。

 

 

メニエール病とうつ病は関連の深い病気とされています。

 

 

うつ病になった場合にも、耳鳴りやめまいなどの症状を起こすことがあります。

 

 

 

そのようなめまいは心因性のめまいといわれ、三半規管などの耳の器官の病気により生じるものとは区別されていますが、メニエール病との診断を受けて治療を受けたが回復することが出来ず、実のところ心因性のめまいだったという事例も見られます。この病気は遺伝性では無いことは難病情報センターのサイトによっても明確に記述されており、また各国の研究結果からも遺伝性であるとの報告は無いことから、その点においては安心出来るでしょう。

 

遺伝的要因で発症するのでは無くて、普段の生活の中に要因となる事柄が存在して内リンパ水腫を引き起こしていると言われています。耳の中の蝸牛に水がたまると耳鳴りや難聴三半規管や耳石器にたまると、めまいが起こります。蝸牛、三半規管、耳石器のすべてに水がたまる事も多くあります。

 

症状がひどい時には吐き気・嘔吐・動悸が同時に多発します。激しい発作が出る頻度は個人差があり、日々、症状に悩まされる方もいれば、年間数度しか出ない方もいます。近年注目されているメニエール病の治療はいつおきるかわからない強い発作が起きた時は安静にしめまい止めを使うことで落ち着くようです。

 

手術をする治療もあり約7割あるいは9割まではめまいが楽になるようですが、まれに聴力がダメージ受けることがあり注意する必要性があります。

日常生活では食事療法での成果がありビタミンや食物繊維を摂取すると改善される有効な治療ということだか自分でもできるセルフケアも自分なりにおこなうことが改善になります。移動する時の乗り物には注意をする必要があります。もし、強いめまい発作が起きてから間もない時期にはまだめまいの兆候が残っていて、バスや電車などの揺れによりめまいを引き起こすこともあるのです。メニエール病のサプリメント情報

飛行機は揺れも比較的に少ないため良いのですが、気圧の変化に伴うメニエール病の発作の誘発に影響を与える場合があります。

自分の他には誰にも出来ないため進行が滞ってしまう職種はなかなかできません。それに発作がおきるか分からない中で、発作が起きたら、会社が懇願しても何も出来ません。

そういう場面が、容易にありますが、そういう仕事はなるべくやめましょう。

 

 

 

ダイビング中にめまいが起こると死に結びつく危険性があることを認識してください。特にスキューバーダイビングにおいては、めまいが起きたときにとの見解があります。

 

特徴の1つとしてメニエール病は圧力の変化に敏感だという観点からお勧めする事はできません。

その都度よく医師と相談してください。

ストレスや脱水には色々な症状がありますが抗利尿ホルモンにも関係があり分泌を増加させるということは以前から常々いわれていました。

その症状を減らすのは水分をたっぷりとりストレスをなくす働きをし抗利尿ホルモンを低減させ内耳に水分をなくす効果があり、内耳の血液循環などをよくなっていくという考えで生み出されたのが、治療の一つである水分摂取療法なのです。

この病気の特徴は、めまいが突発的に起こり、ほとんどの人が立つことでさえ難しいくらい強い症状を感じます。自分の周りがグルグル回転して平衡感覚がなくなった状態になります。

その状態が数十分から数時間続いた後、徐々に収まっていきます。

 

めまいが強いときは安静に横になることが大切です。